0

メーカーより専門業者が選ばれている理由

修理のスピードが速い

iPhoneは高性能でお値段的にも決して安くはない、いわゆるブランド品のようなスマホで、もし壊れたり、故障したとすれば、製造したメーカーに修理をしてもらいたいと考えるのが普通の流れかもしれません。
ですが、実際にはメーカーに相談したものの、他の専門業者に修理を依頼する方や、最初からメーカー以外の専門業者に持ち込む方が少なくありません。
なぜ、iPhoneユーザーの多くがそのような行動に出ているのか、その理由や事情、背景などを見ていきましょう。
メーカー修理と専門業者による修理の違いの大きな点が、その対応スピードです。
受付が早い、見積もりが早い、修理にかかる時間が早いとスピーディーな対応が期待できるのが専門業者なのです。
メーカーの修理サポート窓口には全国のiPhoneユーザーが相談の電話やメールを入れてきます。
そのため、なかなか電話が繋がらない、メールの回答が来ないといった待ち時間も長くなります。
繋がってからも一定のマニュアルに沿った確認をしないといけない場合や、電話でのヒアリングで修理できるかや対応内容の提案を行うため、かなりの時間を割いて確認をして費用の見積もりなどが行われるので対応にかかる時間も長めになります。
そこから来店または宅配便でiPhoneを送り、全国から送られてくる多くの修理が必要なiPhoneが集まる中で順番を待って対応されるので、手元に戻ってくるまでにも3日から2週間ほどかかる場合もあり、早い場合もあれば、かなり戻ってくるのが遅くなるケースなど混雑状況にも左右されます。
来店の受付も直営店の数も少なく、販売店は新規や機種変の手続きでも混雑していて順番がなかなか回って来ず、結局、その場で修理はできずにメーカーの修理センターに回されることになるので、戻ってくるまでに1週間や2週間は普通にかかり、その手間だけでも時間を取られてしまいます。
これに対して、専門業者は全国から相談を受けるのではなく、地域密着型での来店対応やネットで検索して依頼してくる宅配利用のお客さまに順次対応しており、全国から一気に利用者が押し寄せることはありません。
そのためスムーズに修理の相談や修理に対応してもらえ、来店なら30分から1時間で修理が終わったり、待っているお客さんがいる場合でも朝に預けて夕方には出来上がっているなど即日修理に対応してもらえます。
宅配利用でも到着して直ぐに確認して見積もりを連絡してくれ、OKが出れば即修理を行って、その日のうちに発送してもらえることもあり、スピード対応が期待できます。

無理な修理にも応えてくれる

専門業者がメーカーより選ばれる、もう1つの理由に本来は無理な修理にも対応してもらえることもある頼りになる存在だからです。
メーカーの場合、全国からの相談に公正かつ均一に対応する必要もあり、一定の基準で対応がなされるので、修理不能な状態や買い替えが進められるような状態に至っていると、どんなに希望しても対応してもらえないのが基本です。
ですが、中には交通事故や火災などの災害で亡くなられたご家族のiPhoneのデータを取り出したいとか、メールなどの履歴を見たいからどうにか動くようにして欲しい、と考える方もいらっしゃいます。
特別な事情があってもメーカーでは個別に対応するのは難しいのが現実ですが、専門業者であれば、個別に事情を汲んでもらえることもあります。
もちろん、修理はできないと断られることもありますが、事情をくみ取ってくれ、無理かもしれないという前提で対応してもらえる場合もあります。
何時間もかけて修復しようとしてくれた結果、無理だったのであれば、ご遺族の諦めもつきますし、奇跡的に無事回復することができれば、費用にも代えられない感謝の気持ちであふれることでしょう

0

うっかり落とした場合や動かなくなったiPhoneはどう修理する?

時間がかかるメーカー修理

iPhoneは世界的に人気で、日本でもユーザーがたくさんいます。
高機能でデザインもスタイリッシュなスマホとして人気ですが、どんどん薄型化してスマートになる一方、デリケートであるのが難点です。
うっかり落としたことでヒビが入ってしまった、新しい薄型モデルをカバンに入れていただけで画面が割れたという経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
iPhoneが壊れた場合や、不具合を起こした際、まず多くの方が行動に出るのが購入したお店やメーカーの修理サポート窓口でしょう。
メーカーは頼りになる存在ではありますが、手続きの手間と時間がかかるのがネックです。
電話がなかなかつながらない、本人確認や機種や症状の確認に時間がかかる、見積もりを得て修理に入るまでに時間がかかる、修理にも混雑状況にもより2週間から1ヶ月かかることもあるなど、多くのユーザーがいるだけに時間がかかるのが不便なところです。
メーカーの直営店に行っても、多くの人が順番を待っていて2時間、3時間と待たされることも少なくありません。
iPhoneは1日でも使えないと困る人が多い中、スピーディーに修理をするにはどうしたらいいのでしょうか。

スピード修理をご希望なら

iPhoneを今すぐにでも修理してほしいと思ったら、メーカー直営ではありませんが、iPhone修理を専門的に行っている業者に相談するのがおすすめです。
専門知識や技術を持つスタッフが研究を重ねて、修理ができるノウハウを身に着けています。
新機種が発売されても新しい機能について研究し、発売されて直ぐでも修理できる体制を整えているお店も少なくありません。
お店の混雑状況などにもよりますが、通常、どんなタイプの修理でもその日のうちに対応してくれます。
修理の内容にもよりますが、その多くが30分から1時間の作業を目安にしているので、急いでいる方も安心です。

時間がない方や忙しい方も安心

専門業者では来店でも30分から1時間で修理が行えるケースが多く、その場で待っていても直ぐですし、近隣に買い物に行っている際や、お茶を飲んでいる間に完了します。
電話やメールで事前に予約を入れておくと、来店して順番を待たずに直ぐに受付もしてもらえるお店も少なくありません。
また、宅配サービスを提供しているところもあるので、近くに専門の修理店がない方や忙しくて来店する時間がないという方は宅配利用も検討してみましょう。
地域にも寄りますが、コンビニなどから荷物を発送して、翌日付けば、その日のうちに修理をして当日中発送をしてくれるお店もあり、最短2日以内に戻ってきます。
2、3日ならiPhoneがなくてもどうにか過ごせる、どうにか我慢できるという方は宅配サービスがある修理業者も便利です。

うっかり落とした場合

iPhoneの修理でよくあるケースがうっかり落としたり、ジーパンのポケットに入れたまま座ってしまって画面にヒビが入ったり、割れてしまうケースです。
最新のものほど薄型して割れやすい機種も出てきており、保護カバーなどをしていないと割れるリスクも高くなっています。
わずかなヒビでもそこから割れが広がってしまうので、作動するから問題ないと無理に使い続けず、修理業者に相談しましょう。
状態にもよりますが、30分から1時間で対応可能な修理なのでスムーズです。
オプションで保護シートなどの張り付けもしてくれますので、併せてお願いしましょう。

急に動かなくなった場合

急に画面が真っ暗になって立ち上がらなくなった、イヤホンから音が聞こえなくなった、カメラが作動しなくなったなど内部に問題があるケースも専門の修理業者で対応が可能です。
丁寧に分解して状態の確認や修理をしてくれますが、個人情報や納めている画像などを見られることもないので安心して依頼できます

0

iPhoneを修理に出すべきタイミングを考える

発熱している時も故障の可能性を疑う

iPhoneの本体を手に持っている時に、かなりの高温をiPhone本体が放っているように感じた際には、それは故障しているのかもしれないと考えてください。
スマートフォンのCPU使用率が上がると、本体が発熱するのは仕方がないと考えてしまう人も多いのですが、通常であれば短時間で本体の温度は元に戻ります。
しかしバッテリーやCPUに不具合が出ている状態では、温度が下がらないまま本体の発熱が続いてしまい、事故が起きる原因にもなりかねません。
もしiPhone本体が熱い状態が続いているのであれば、すぐにでもiPhone修理のサービスを利用しておく事を推奨します。
特にバッテリーの不具合には注意が必要で、もしバッテリーの一部が破裂して内容が漏れ出している際には、なるべくiPhone本体に手を触れないようにしてください。
もし液体に手で触れてしまうと、皮膚の一部がただれるような症状が出てしまう場合もありますから、iPhoneの修理サービスを頼る事が一番安全です。

充電できない時の対処法を考える

これまで普通に充電できていたはずのiPhoneが、突然に充電できなくなってしまった際には、iPhone本体の故障が原因とは限りません。
充電ケーブルが損傷している可能性があるために、まずは新しいケーブルを購入して、今まで通りに充電できるか試しておくことも重要です。
もし新しい充電ケーブルでも上手く通電しないようであれば、iPhoneの接続部分が故障を起こしている可能性があります。
接続部分の状態が良くないのは、ホコリが詰まっているせいだと考えて接続部分を掃除する人もいますが、それは危険な行為なので注意してください。
接続部分を傷つけてしまったことが原因で、修理に余計な費用が必要になってしまう可能性もあるためです。
まずはiPhoneの修理サービスを頼って、充電できない原因を確かめておくことを推奨します。
充電できない原因を確かめているうちに、接続部分ではなくバッテリーの劣化が原因で、充電できなくなっていることが分かったという例も珍しくありません。
バッテリーに電気を送り込めない状態で、無理やりに充電を使用とするとバッテリーが膨張して、破裂する事故が起きる可能性もあるので注意が必要です。

液晶割れを起こしたまま使い続けるのは危険

iPhone本体を地面に落としてしまったり、何かとぶつかった衝撃で液晶画面にヒビ割れが起きてしまった際には、すぐに修理に出すことをおすすめします。
液晶画面に入ったヒビが小さい状態だと、そのまま使っていても大丈夫だと考えてしまう人も少なくありません。
iPhoneの液晶画面にヒビが入った状態は、ちょっとした水滴でも内部に入り込みやすくなってしまいます。
本体内部に水滴が入る事によって、CPUやバッテリーが故障してしまい、完全に動作しなくなったという例も多いです。
ちょっとしたヒビ割れだから大丈夫だと考えずに、液晶画面にトラブルが起きたのであれば、すぐにでもiPhone修理サービスに連絡を入れることを推奨します。
最初のうちはヒビ割れが小さかったとしても、無理に使用を続けているうちにヒビが大きくなり、液晶画面の破片が落ちてきて怪我をしたという例もあるので注意が必要です。
突然に電源が落ちる症状は故障が原因ではない場合もあるある時間帯になると突然にiPhoneの画面がつかなくなり、しばらくすると画面がつくというトラブルに悩まされている人も少なくないです。
その画面がつかない症状は、本体の故障が原因ではない場合もあるので、まずは本体の様子を確かめてみてください。
気温があまりにも低くなりすぎると、iPhone本体の動作がおかしくなってしまい、画面がつかなくなることもあります。
温かい部屋であれば普通に動作するようであれば、気温が原因だったかもしれないと考えてください。
しかし一度でも気温の低さが原因によるトラブルが起きると、本体の内部に悪影響が出ている可能性も考えなければいけません。
もし画面がつかない状態に何度もなってしまうようであれば、iPhone修理サービスに相談をしてみてください

0

iPhoneのタッチパネルのトラブルを早期に解決

タッチパネルの不具合の原因は分かりにくい事もある

iPhoneのタッチパネルを触っていても、タッチした部分が反応しない事が多かったり、何も反応を示さなくなった時にはタッチパネルが故障している可能性があります。
しかし内部が故障しているのではなく、ディプレイの汚れが原因でタッチパネルが反応しなくなっていることも多いので、まずはディスプレイの掃除をしてみてください。
目立ちやすい汚れがディスプレイに付着していなくても、薄い汚れの膜が原因でタッチパネルの内部まで信号が届きにくくなり、操作に反応しなくなっていることもありえます。
タオルなどでディスプレイを拭くだけでなく、専用のクリーナーを使って汚れの膜を落とすだけで、タッチパネルが反応するようになったという例も多いです。
市販のクリーナーでも汚れが落ちなかった時には、更に効果の強いクリーナーを購入して、自分で使用とするのは危険なので止めてください。
iPhoneのディスプレイの性質に合わせたクリーナーでなければ、ディスプレイに傷を付けてしまって文字などが読みにくくなってしまうこともあるためです。
iPhone修理サービスであれば、ディスプレイに傷などを残さずに綺麗に汚れを落とせますし、タッチパネルの異常の原因を細かいところまで確認してくれます。

保護フィルムの扱いには気を付ける必要があります

iPhoneのタッチパネルを触っていても、一部だけ反応しなくなった事に困らされている時には、iPhone本体ではなく保護フィルターに原因があることも珍しくないです。
一見すると綺麗に保護フィルターを貼れているように見えても、小さなホコリや空気が入り込んでいることもありえます。
iPhoneのタッチパネルと保護フィルターの間に、小さな隙間ができてしまうだけでも操作に違和感が生じて、初期不良ではないかと疑ってしまう人も多いです。
どうしてもタッチパネルの誤作動などが気になるのであれば、iPhoneの修理サービスを利用する前に、保護フィルターを剥がしてから動作を確認してみてください。
保護フィルターを剥がしても動作がおかしい時には、iPhoneの修理サービスが頼りになります。
保護フィルターを貼ろうとした際に、誤ってディスプレイに傷を付けてしまった時にも、大きな傷であってもiPhoneの修理サービスで元通りにすることが可能です。
修理自体は短時間で終わるので、iPhoneを長期的に使えなくなるのは辛いと感じる人でも、気軽にiPhoneの修理サービスを利用できます。

修理が不可能に思える画面のヒビ割れにも対処ができる

iPhoneのフロントパネルのガラス部分にヒビが入ってしまい、これは使いものにならないと感じるほど酷い状態になっても、iPhone本体を処分する必要はありません。
使い古したiPhoneなので、新しい機種に買い換えるべきかと迷う前に、iPhone修理サービスの料金の安さについて調べてみることを推奨します。
ディスプレイに表示されている文字が読めなくなるほど、フロントパネルのガラスの割れ方が酷くても、格安で修理を終えられることも珍しくないです。
しかしガラスのヒビ割れが入った状態で、iPhoneを外に持ち出してしまうと水滴が内部に入り込んで、修理が必要な箇所が更に増えてしまうこともあるので注意してください。
ガラス部分の修理を終えた直後は、ディスプレイが清潔な状態になっているために、ヒビが入る前よりタッチパネルの操作がスムーズになったという人も多いです。
新品同様に美しいディスプレイになってくれたおかげで、見た目の良さに満足できて、機種変更をする気も無くなる可能性もあります。
iPhoneのガラス部分の交換作業も短時間で終わりますから、しばらくiPhoneを使えないのは困るという人でも修理は依頼しやすいです