行政書士の就職と開業

行政書士の就職?

その前に行政書士試験だ!

行政書士の就職・仕事の現実は


短期合格の秘訣とは?行政書士の試験を突破するための勉強法とは?

行政書士試験の勉強法

行政書士試験のような国家試験受験用の予備校があることは、以前から知っていた。行政書士試験とか税理士試験とか司法書士試験とかを受ける人のための学校だ。同じように、通信教育の講座があることも、知っていた。

だが、今の今まで、全く興味はなかった。自分には関係がないと思っていたからだ。

しかし、図らずも行政書士試験を受けることになったら、こうした学校のことも、しっかりと調べざるを得ない。

そして色々と調べた結果、こんなことがわかった。

□行政書士試験の勉強方法は、「受験予備校への通学」「通信講座を受講」「独学」の3通り
□通信講座や独学を選択する人が、比較的多いらしい
□費用は、受験予備校への通学>通信講座>独学
□勉強法は、その人の性格、勉強時間、環境などに左右されるため、どれが良いとも言えない

更に、

□受験予備校通学は、費用が高く、時間もかかる代わりに、達成率も高い。(途中で挫折する人が少ない)
□独学は、費用がかからず、集中すれば短時間で済むが、受験用の情報量が少なく、途中で勉強を止めてしまう人が非常に多い
□通信教育は、費用は受験予備校と独学の中間。必要な受験用情報は発信してくれるから安心だが、独学をするときと同様の根性は必要

なるほど。何となく納得である。

さて、自分に合う勉強方法を選ばねばならないから、まず自分の特徴を考えてみよう。

僕は・・・

  1. 時間はない。アルバイトとはいえ、フルタイムで働いている身分である。
  2. 金もない。だって時給いくらのアルバイトの身分だし、計画的に貯金しているわけでもない。
  3. 根性だけはある。根性と体力だけなら誰にも負けん。なんてったって何年も運送会社のバイトで鍛えているわけだから、世間一般のもやしっ子ホワイトカラーに屈するはずもない。
  4. 情報。・・・情報ねえ。インターネットの情報は取ることができるけれど、業界筋のディープな情報は全くないし、そういう情報を集めるツテもない。

ともかく、「金がない」という現実は切実なので、資格予備校への通学はやめておこう。資格予備校の通学コースは、どこの学校を選んでも、18万円~20万円くらいかかるようだから、僕には絶対無理だ。

そうなると、独学か通信講座である。どちらにするかは、もう少し考えよう。