行政書士の就職と開業

行政書士の就職?

その前に行政書士試験だ!

行政書士の就職・仕事の現実は


行政書士だからこそ幅広く活躍できる場面が多い!

ズバリ、行政書士って楽しい?

僕:君の話を聞いていると、行政書士の開業って想像以上にやりがいがありそうだなと思えるんだけれど、実際のところ、どうかな?

行政書士A君:そうだね、巷では「仕事がない」「食えない」と酷評されているようだけれど、それはあくまでごく一部の人間が作りあげた虚像に過ぎないと思う。実際に行政書士として開業してもいない人か、もしくは成功できずに廃業した人なんかが、半ば僻みからあること・ないことを面白おかしく言っているに過ぎないんだろう。
すでに話した通り、営業の仕方次第ではまだまだ顧客開拓の余地はあるし、世の中に手続業務がある限りは需要だって確実にある。行政書士開業の難しさは、「やり方」「仕事の取り方」にあるんだと思うよ。

僕:その通りだね。それに、行政書士の仕事は人の役に立てる仕事だから、やりがいだってあるんだろ?

行政書士A君:もちろん。自分が処理した手続が上手く通った時や、お客さんに「ありがとう」を言われた時なんかは、「この仕事を選んで本当に良かったな」と心から思えるよ。
自営業としての厳しさはあるものの、だからこそ、仕事が取れたり上手くいったりした時の嬉しさはひとしおなんだ。

僕:思い切って行政書士としての開業に踏み切って、本当に良かったな。

行政書士A君:ああ、今となってはもう以前の仕事には戻れないね。行政書士としての生き方は、大手企業の社員としての安定を投げ捨てても、選ぶ価値があると思っているよ。