行政書士の就職と開業

行政書士の就職?

その前に行政書士試験だ!

行政書士の就職・仕事の現実は


いきなり独立開業する場合 | 行政書士としての仕事の仕方

未経験でも開業可能か?

僕:ところで、行政書士の仕事って試験さえ合格すれば、実務に携わったことのないような人間でも出来るものなの?

行政書士A君:開業当初は「どんな手続きでもどんとこい」といったことはないだろうね。僕を含めて、誰もが多少なりとも不安を抱えながら実際の手続きを行っているものだよ。だた、行政書士として開業したからには、周囲からは「プロの仕事」を求められるわけだから、やっぱりどんな時にもそれなりにどっしりと構えていることは大切だよね。

僕:確かに、依頼者側からすれば未経験開業者もベテランも同じ行政書士。仕事に差が出るのは困るよね。もしも実務上、分からないことがあった場合にはどう対処してる?

行政書士A君:基本的なことなら、役所に聞くのが一番かな。それと、同期や先輩など、行政書士仲間に聞くこともあるよ。行政書士の手続き業務は定型的な処理の他、ちょっとしたテクニックが必要になってくることもあるから、常にマニュアル通りというわけにはいかないんだ。同業に聞くのはなかなか勇気のいることだし、時には「そんなことも知らないのか」なんて言われることもあるけれど、そんなことを恐れていては経験など積むことは出来ないしね。開業当初であれば、どんどん周囲に頼ってしまっていいと思う。

僕:「士業は横のつながりが大事」というけれど、やはり本当なんだね。自分ひとりで、となるとなかなか辛いイメージだけれど、仲間に頼れるのであれば少しは気が楽になりそう。
それでも実際、未経験から行政書士として開業して、成功できるのかな?

行政書士A君:それは、その人の営業次第だと思うよ。未経験だからと言って積極的に営業活動出来ないうちは、当然仕事など回ってこない。でも、未経験であってもとにかく営業に力を入れれば、結果はついてくる。実務経験はそこから一つひとつ積んでいくというので、全く問題ないと思うんだ。

僕:なるほど。恐れずに踏み出すことが大切なんだね。