行政書士の就職と開業

行政書士の就職?

その前に行政書士試験だ!

行政書士の就職・仕事の現実は


会社員として働きながらの場合 | 行政書士としての仕事の仕方

会社員をしながら、行政書士もできる?

僕: でも、それじゃ、行政書士事務所を開業した当初は、仕事がものすごく少ないだろ?どうやって生活するのさ?

行政書士A君: みんな、貯金を食いつぶしたり、アルバイトをしたりしているよ。アルバイトは、行政機関の窓口だったり、予備校の講師だったり、会社員との兼業だったり、いろいろだよ。

僕: 兼業?兼業してもいいのかい?

行政書士A君: その兼業先の会社に「兼業禁止」の規則があれば問題になるかもしれないけど、少なくとも行政書士会の方から怒られることはないよ。
ただし、その兼業先の会社で行政書士業務をするのは行政書士法違反になるから、それは禁止だけどね。

僕: そうか、勤め先で、そこの会社に所属する人として、行政書士業務をしてはいけないんだね。

行政書士A君: そういうこと!よく知ってるね。
だから、どこか別の企業に勤めながら、同時に、自分で行政書士開業をする場合は、行政書士会に入会するときに、その旨の誓約書を提出する必要があるんだよ。
そうやって、普段は会社員をしながら、週末に行政書士業務をしている人も、実際にいるんだよ。そうやって、行政書士業務が増えてきたら、行政書士の方を専業にする予定なんだろうね。

僕: へえ、色々な行政書士がいるものだなあ。

行政書士A君: 世の中、弁護士だの税理士だのって、「士」がつく自由業はたくさんあるけど、行政書士が一番、バラエティに富んでいるかもなあ。収入にしても、業態にしても、本当に様々な行政書士がいるよ。
でも最近の行政書士の傾向は「コンサルタント化」だと思う。一昔前みたいに、黙々と手続書類を作っているだけじゃ、仕事には結びつかない時代なんだよ。

僕: なるほど。今はパソコンは誰でも持っているし、書類作りの情報もインターネットで取ることができるからなあ。でも、コンサルタントをするには、それこそ経験が必要だろう?

行政書士A君: そうだね。行政書士事務所を開業したばかりの人が苦労するのは、正にその経験不足だというところだろうね。