行政書士の就職と開業

行政書士の就職?

その前に行政書士試験だ!

行政書士の就職・仕事の現実は

行政書士の就職と開業

参考URL:

日本行政書士会連合会 http://www.gyosei.or.jp/
財団法人 行政書士試験研究センター http://gyosei-shiken.or.jp/

世の中、やっぱり不景気だ。
最近は、景気上昇の兆しがあるとの情報も聞こえてくるが、僕には全く実感がわかない。

景気が回復しつつあるというのは、一部の資産家が感じているだけで、多分、一般庶民には関係ないのであろう。

「つまんねえなあ・・・。」
と思っている折、最近流行りのフェイスブックで、大学時代の同級生A君と、偶然再会した。

A君は、勤めていた会社を退職して、自分で行政書士事務所を開業したらしく、張り切っている様子。なんだか楽しそうだ。

「あれ、でも確か、A君は一部上場の大手企業に就職したはず。」

その会社を辞めてしまったとは、もったいない。A君が就職した企業の名前を聞いたときは、「ちゃんと大学を卒業したやつはいいなあ。」とうらやましく思ったものだ。

A君と違い、僕の方は大学を中退し、就職もままならず、アルバイトの身分で働いている身の上である。大学2年のときに親がリストラされ、仕送りが無くなってしまったので、中退せざるを得なかったのだ。

自力で学費を稼いで卒業するという選択肢も頭をよぎったが、そこまでして卒業せねばならない必要性は感じられなかった。

だからそのまま退学し、以後、大学時代のバイト先であった運送会社で、そのまま働いている。

仕事は普通にこなしているものの、時折、将来への不安感を感じる。来年はもう30歳になるし、「このままずっと、ここでバイトをしているわけにはいかない」という危機感が、じわじわ、もわもわと迫ってくる感がある。

僕は正社員ではないから、将来の保証が全くないわけだ。まあ今どき、正社員だからといって、将来の保証がないのは同じなんだろうけど。

それなのに、A君は、大企業の正社員という安定した未来を捨てて、なぜ行政書士などという自営業を始めたのだろう。

そもそも、行政書士とはどういう資格だろう?
試験は難しいのか?
収入はどのくらいになるのか?
就職や転職には役に立つのか?

A君の現在に対する野次馬根性も手伝って、僕は、ちょっと行政書士について、調べてみた。